よくある質問

▼よくあるご質問をまとめました。各項目をクリックして下さい。

よくあるご質問

回答

みどりむしは、皆様がよく想像される虫ではなく、栄養満点でなおかつ栄養吸収率がよく動物と植物の両方の性質を持ち合わせている、きわめて珍しい藻(大きく分類するとワカメや昆布、またクロレラに近い生物)なのです。

詳しくはこちらみどりむしとは?

よくあるご質問

回答

ユーグレナ(みどりむし)にはビタミン、ミネラル、タンパク質(アミノ酸)など、人間に必要な栄養素がバランスよく含まれているため、全ての方に飲んでいただきたいのですが、食生活の乱れている方、生活習慣などでお悩みの方には特にお勧めです。

よくあるご質問

回答

賞味期限は未開封状態で製造日より2年間です。常温であればどこで保存しても結構ですが、日の当たる場所はお避けください。また、開封後は賞味期限内に関わらずお早目にお召し上がりください。

よくあるご質問

回答

ユーグレナ(みどりむし)は食品ですので、どの時間帯にお飲みいただいても問題ございません。お好きな時間帯に、水かぬるま湯でお召し上がりください。

よくあるご質問

回答

ユーグレナ(みどりむし)は食品ですので、特に副作用はございません。
お薬と一緒に飲んでも問題はございませんが、治療で食事制限されている方、服用中のお薬との飲み合わせがご心配な方はお医者様や薬剤師の方にご相談ください。

よくあるご質問

回答

日本健康・栄養食品協会の基準に基づいて、試験を実施しています。
一般生菌数や大腸菌群、セレウス菌の検査でも安全性は確認されています。

よくあるご質問

回答

太陽の日差しの強さ、水、気温は、ユーグレナ(みどりむし)を育てるための重要な要素となっています。
沖縄県石垣島は亜熱帯に位置し、一年の平均気温が23.8度と暖かく、沖縄県最高峰の山である於茂登岳の地下水は水質が大変よいことで知られています。
また、大自然に囲まれた環境で育てることで、より栄養価の高いユーグレナ(みどりむし)の生産を可能にしています。

詳しくはこちら石垣島のページ

よくあるご質問

回答

ユーグレナ(みどりむし)は食品、医療、医薬品、炭素固定などの目的でNASAを始めとするさまざまな機関で研究されてきました。
しかし、ユーグレナ(みどりむし)は屋外大量生産は大変難しく、屋外大量生産技術の確立までには至りませんでした。
そのため、ユーグレナ(みどりむし)は市場にでることがなかったのです。
そんな数々の困難を乗り越え、2005年12月16日に、世界で初めて、食品としてのユーグレナ(みどりむし)屋外大量生産に成功しました。

よくあるご質問

回答

パラミロンはβ-1,3-グルカンの高分子体である特殊な天然物質で、生産条件によっても異なりますが、ユーグレナ(みどりむし)の乾燥重量の10%程度を占めます。
パラミロンはデトックス効果があるとされ、腸内の毒素を排出することに期待されています。
パラミロンの成分を持つ食品はほかになく、ユーグレナ(みどりむし)が唯一パラミロンを含有する食品と言われています。また、パラミロンはきわめて細かい顆粒なので、化粧品や日用生活品の活用にも期待されています。

詳しくはこちらパラミロンとは?

よくあるご質問

回答

乳などの動物性食品に由来した乳酸菌を動物性乳酸菌、漬物などの植物性食品に由来した乳酸菌を植物性乳酸菌と呼称する分け方がされており、その定義をあてはめると緑麦芽由来の有胞子性乳酸菌は、植物性乳酸菌と呼称することは出来ます。
しかし、この呼び方は世界的に共通した定義として定められたものではないため、現時点で積極的に有胞子性乳酸菌を植物性乳酸菌と定義づけるのは差し控えているようです。

よくあるご質問

回答

胃酸のような低pHで胞子が活性化し、発芽が促進されることが明らかになっていることから、十二指腸・小腸で発芽し、その後、小腸・大腸で栄養細胞となって分裂・増殖を行うことが推測されます。
摂取するのを中止すると約1週間で排便により自然に体外へ排出されます。

みどりむしとは?有胞子性乳酸菌について

よくあるご質問

回答

ユーグレナ(みどりむし)は、管理培養されており、培養液の中にヨウ素の元素が含まれていないためユーグレナにもヨウ素は含まれません。
昆布やワカメなどの海藻類に多いとされているのは、海水中のヨウ素を吸収・蓄積するからです。 ヨウ素は元素ですので、生物が自分で作り出すことはなく、昆布やワカメも環境中のものを吸収して蓄積します。
ユーグレナ(みどりむし)の場合には、育つ環境中にヨウ素がないために、これまでは検出されていません。

よくあるご質問

回答

ユーグレナ(みどりむし)を摂取して放射能を排出する又は、放射能のダメージを軽減することを示すデータはありません。
放射能や放射線に関する知見は世界的に少ないため、わからないのが現状です。

よくあるご質問

回答

下記を参考にしてください。
・甲状腺機能低下症(橋本病)
ヨード、ヨウ素はユーグレナ(みどりむし)に含有されていないため、問題はない。
・尋常性白斑
尋常性白斑を改善するというデータはありません。しかし、原因が自己免疫疾患の場合もあるそうですので、原因が自己免疫疾患の場合はマウスのアトピー性皮膚炎の改善結果からユーグレナ(みどりむし)で改善される可能性も推測できます。






ご注文はこちらへ


お問い合わせはこちらへ
お問い合わせはこちらからどうぞ。